ENTRY

施工管理

職種紹介
職種紹介 職種紹介

PROFILE

施工管理

施工管理

恒栄ホーム株式会社

東京営業所 主任

各務 龍太朗

2018年入社

新築物件の現場監督として、
奮闘の日々です。

建築のことは全くの素人でした。

私は、神奈川県内の大学で経済を学び、都内の住宅建築会社に営業職として就職しました。2012年のことです。主に外装のリフォームを手がける会社で、ここで6年ほど経験を積みました。当社に転職したのは2018年です。転職した理由は、新築の仕事にも携わってみたいと思ったこと、また前職が多忙を極めたことからワークライフバランスの取れる環境に移りたかったことです。恒栄ホームは、リフォームに強い会社であると同時に、新築物件にも力を入れていましたし、多様な年齢、環境の社員がそれぞれに活躍できていることから、社風面での心配もありませんでした。入社後しばらくはリフォーム案件の現場を担当し、まもなく、当初の希望が叶って新築物件の現場に携わるようになりました。

職種紹介

新築物件の現場監督を行っています。

施工管理としてのデビューは、大手自動車用品店のトイレの改修です。規模が小さい現場でしたが、トイレ設備、壁のクロス、床のタイル、塗装、電気設備等、各種専門業者さんとの連携プレーを学ぶ機会になりました。最近では、茨城県の「スパ&ゴルフリゾート久慈 」さまの宿泊施設であるヴィラの新築を担当させていただきました。ゴルフ場内の高台に温泉設備を配置し、既存ヴィラの仕様に準じ、新たに3棟を建てる仕事です。プレカット材をグループ内から調達することで、工程管理面、精度面での優位性を発揮できた事案です。景観もさることながら非日常を味わえる快適なリゾート空間に仕上げることができました。

職種紹介
職種紹介
職種紹介

木造建築の可能性を広げる「非住宅物件」でも実績を上げられました。

木造建築と聞くと、戸建て住宅を思い浮かべる方が多いかと思いますが、最近では公共建築物や商業施設、福祉施設などの「非住宅」にも木造が採用されるようになりました。木造は温もりのある空間を創造できるだけでなく、鉄骨造に比べて軽量で、工期面、経済面でも有利です。私の担当した「イワハシエキスプレス」さまの倉庫もこうした利点から木造が選択された現場でした。ここで採用された施工方法は「ATAハイブリッドトラス構法」で、倉庫の特徴である広い開口構造をこの構法によって実現しています。施工上は建方に特徴があり、屋根組を予め地上で組み、それをクレーンで持ち上げ、高所作業車を用いてセットします。多くの作業者が関わる現場でしたので、管理面でもさまざまな収穫がありました。

職種紹介
職種紹介
職種紹介

現場監督は、会社の顔。やりがいのある仕事です。

新築の施工管理はリフォームと違い工期が長く、職人、お施主さま、近隣住民への対応などで、多くの時間を現場に振り向け、空いた時間に施工計画の作成などデスクワークを行っています。計画通り工事を進めるためには、資材の搬入タイミングを工事の進捗に合わせて調整したり、天候次第で工程を変更したりと、随時判断が求められます。現場監督は、工程はもとより品質や安全を管理する責任と相当の権限を有しています。経験の浅い私は、逆に職人さんに助けられることも少なくありませんが、関係者の皆さんを一つにまとめ上げ、なんとか竣工に導けたときは喜びもひとしおです。これからも一つひとつの現場に熱意をもって取り組み、堂々と胸を張って「現場監督」を名乗れるよう、頑張ってまいります。

職種紹介
職種紹介

MOVIE

募集要項一覧 エントリー